交通事故は弁護士相談~一人で悩まず早期解決を目指そう!~

交通事故による慰謝料の交渉から請求まで弁護士に相談して早めの対応を。

交通事故についての相談
交通事故の慰謝料相談
弁護士、法律事務所で離婚相談
相続手続き、遺言書作成
過払い・債務整理

時効が過ぎた過払い請求はどうなるのか

法律事務所のホームページなどを見ていると、時効が過ぎた過払い請求はどうなるのかという点については、ほとんど取り戻せる見込みがなくなったり、無理だと否定的な意見もあるみたいですね。

実際には、時効や過払い請求について状況が分からないままになっており、すでに時効が過ぎている人も多いみたいです。しかし、過払い請求の時効が過ぎているという事や、自分が過払い請求を行う事ができるという事すら把握できていない人もいます。

返済はマストですが、過払い請求はマストではありませんので、できれば時効が過ぎない間に行いたいですね。借金だけではなく、カードの利用者も対象となっている場合があるみたいです。

法律事務所に依頼する過払い請求や相続

日本中にはたくさんの法律事務所があります。

過払い請求や債務整理などの借金問題の広告を電車やインターネット、雑誌やテレビなどで見たことがあるかと思います。目立つような広告を立てて運営をしている有名な法律事務所もあれば、細々と個人で行っている法律事務所もあります。

相続や借金問題、離婚などの個人的な悩みは誰にも知られたくないと思われる方が多いので、法律事務所に行って弁護士や司法書士に相談する人も多いようです。

弁護士や司法書士は、客観的にみて的確なアドバイスを判断することができるので、とても頼もしい存在となります。

最近はホームページ作成をしている法律事務所も多く、自宅の近くに法律事務所がないかを調べることができます。借金問題などの案件によっては無料相談を行っている法律事務所もありますので、費用が心配な方はそういった所を探してみましょう。

過払い金の金額が140万円以下の場合

借金相談の中でも過払い金申請は任意整理の一種となり、これを扱うことができるのは弁護士もしくは司法書士となります。意外と知られてないのですが、最近では、過払い金申請を最も多く取り扱っているのは司法書士事務所なのです。

ただし、すべての案件に対応できるわけではなく、過払い金の金額が140万円以下の場合に限ります。従って、140万円を超える金額の場合には弁護士に依頼しなければなりません。現在のところ、この140万円以下については、1社あたりという見解がなされていますが、これについては総額で考えるべきではないかとの意見も出ているようです。

過払い金のメリットを知ろう

過払い金の返還を請求する時には、経験豊かな弁護士に相談をするメリットを事前にきちんと理解することが肝心です。 最近では、報酬額の安い弁護士の選び方にこだわりのある人が増えてきており、各地の法律事務所の公式サイトやパンフレットなどを参考にしながら、魅力的な依頼先を見つけることが良いといえます。

また、自己破産のタイミングについて迷っていることがある場合には、専門性の高いスタッフと念入りに話し合いを行うことが欠かせません。 その他、過払い金の相場をじっくりと判断をすることによって、将来的なトラブルを解決できます。

過払い金のデメリットについて

自己破産のデメリットを理解するにあたり、優秀な法律家が多く在籍している事務所に問い合わせをすることがとても有効です。 近頃は、過払い金の返還を請求する時期について、数々のメディアで詳しい情報が掲載されることがあるため、常に役に立つ知識を得ることが良いでしょう。

また、過払い金の総額を確認するためには、長い時間が必要となることがありますが、同じ状況にある人々のレビューに目を向けることがコツといえます。 その他、過払い金の返還のために必要な費用の相場を把握することで、何時でも安心して行動をすることができます。

手続きには期限がある過払い請求を弁護士に依頼

過払い請求には時効があり、手続きには期限があるということを理解しておかなければなりません。その期限は最後に貸金業者と取引を行った日から10年です。10年を過ぎると時効が成立してしまい過払い請求の手続きを行うことができなくなってしまいます。

ですので、取引履歴の日付を確認してなるべく余裕を持って早めに手続きを弁護士に依頼しましょう。弁護士に手続きの依頼をするに際して最初にすべきことは法律相談の申し込みです。初回の相談料は無料で行ってくれる法律事務所はたくさんありますし、無料法律相談会や自治体などの専門窓口を利用するという方法もあります。

過払い請求|過払いが発生する年利とは

過払い金は、法律上の金利上限を超えた利率で返済を続けたことにより発生する利息の払い過ぎです。払いすぎた利息は過払い請求で取り戻すことができます。 では、過払いの可能性がある金利上限を確認してみましょう。金利上限は利息制限法により定められています。

元金10万円未満は年20%、元金10万円以上100万円未満は年18%、元金100万円以上は年15%までが上限なので、これを超える年利率で契約していた場合は疑ってみてください。ただし、正式に過払い金の確認をするためには引き直し計算が必要です。 引き直し計算は債務者自ら行うこともできますが、弁護士に依頼して計算してもらうこともできます。事実確認ができたら過払い請求をします。

過払い・債務整理に関する情報

交通事故慰謝料の弁護士基準、交通事故相談、相続手続き、遺言書作成、過払いの情報以外についてのお問い合わせはここ

交通事故慰謝料の弁護士基準、交通事故相談、相続手続き、遺言書作成、過払いはお近くの交通事故弁護士、法律事務所にご相談ください。大阪、東京、千葉には 多くの交通事故が得意な弁護士がいます。悩まずに交通事故、相続手続き、過払いの相談をしましょう。